About smegy things


by smeg_head
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

WHITEBAND

レコード屋に売っていたので、買った。

ホワイトバンドをつけよう

テレビで見たんだけど、素晴らしいアイデアだと思った。
もし、自分で行動を起こそうとしたら、大変なことだけど、ホワイドバンドを
身につけて、意思を示すことならできる。

# アメリカのサイトの動画は、Powered by SUN だった。
[PR]
by smeg_head | 2005-07-31 17:38 | smeg!
以前、zshでログインしてるときに、nohupが効かなくて、bashでnohupした覚
えがあります。nohupが効かないというのは、ログアウトと同時に、プロセス
が殺されてしまうことです。

zshのサンプルを探してたときに、google cacheで以下を見かけた。

内部コマンド `disown' は以下のような状況で大変便利である: ログアウト
しようとした時に、zsh が "you have running jobs." と報告をするなら、
そこで、`disown' と入力することで、それらのプロセスを kill すること
なくログアウトすることができる。(`disown' はそれらの子プロセスを「勘
当」するコマンドである)。
同様に、シェルとの対話を行なわないコマンド (新しいウィンドウを作る
X のアプリケーションなど)を起動した時に、シェ ルとの関係を切り離すのにも使える。
また、バックグラウンドジョブの開始 に & を使わず、&! を使うようにする
と、そのジョブは自動的に disown される。

google cache

#勘当 ってすごいな。
zshで、ログアウト後もコマンドを実行し続けたいときは、& でbackgroundに
回すのではなく、&! で回せばよいということです。
[PR]
by smeg_head | 2005-07-30 20:26 | zsh

選挙には、行く。(愚痴)

普段、政治に関心はないんだけど、選挙には行くようにしてる。
今日県知事の選挙があった。
選挙に行く前に、候補者の主張を確認して、誰に投票しようかを
考えるため、候補者のサイトへ行った。
現職のサイトは普通に見れて一通り目を通した。
新人のサイトは、flashを入れてください画面 orz
大勢の人に見てほしいんじゃないのか?
まあ、ここはぐっと我慢して、flashを入れた。
改めて、新人のサイトに行くと。。。
JavaScriptをonにしろというメッセージ。。。
この時点でかなりいらいらしてたが、大人になって
JavaScriptをonにすると、画面は日本語が表示されないし、
flash独特のどこをクリックしたら、どうなるのか、予想が
つきにくいインターフェース。。
linuxで観にくるなということか。
windowsでアクセスしなおすほど、大人ではないのでした。
新人のサイトのUIの印象が悪すぎて、主張を知る前に、現職に
投票することを決めました。
新人が悪いわけではなく、新人のサイトを作った会社なり
人なりが、悪いだけかもしれないが、気配りが行き届いて
ないという印象を受けるのは、自然なのでは?

# 選挙管理委員会のサイトでは、開票状況とかexcelとpdfで
# 見れるようにしてくれてあるんだね。
[PR]
by smeg_head | 2005-07-25 00:39 | smeg!

結婚ラッシュ

なんだか、10月に友達の結婚ラッシュ。
おめでたいことだから、大歓迎なんだけど、お金の心配しちゃいます。
俺も結婚したいな。頑張っちゃおうかな。相手探しからだけど。
[PR]
by smeg_head | 2005-07-23 21:52 | smeg!
なぜかわからないけど、ノートパソコンが起動しなくなった。
使ってるのは、SOTECのWinBookで、WindowsXPが入ってて、パーテーションが
一つ空いてたので、VineLinux3.0を入れて使ってた。
今だにVineの標準のブートローダのLILOを使ってOSを起動し分けてた。

起動しようとすると、Operating System not found.... とかって表示されて
そのまま。
ハードディスクが飛んじゃったのか;;
最近作ってたアプリのCVSリポジトリが入ってたので、ちょっと焦った。
やっぱ、リポジトリは作業環境以外にしとくべきだな。←基本

近くにあったFedraCoreのインストールCDで起動して、インストールの途中で
パーテーション分けのところまでやってみると、パーテーションの情報は、
消えてなかった。ほう、改めて、/sbin/liloすれば、治るかも。

今度は、Windows2kの起動CDで fdisk /mbrをしようとして起動すると、
LILOのOS選択の画面になった。あれ?liloが壊れてるんじゃないってことか?
一応安心。
(fdiskは、95/98/Meでないと入ってないらしい)

だけど、一応 /sbin/liloしとこう。

もう一回起動してみると、 Operating System not found...
ハードディスクから起動しないように、勝手にBIOSの設定が変わったのか。
それもある意味恐い。

BIOSの設定でBootのところを見ると、下のように。
CD-ROM Device
USB Floppy
USB Floppy
Network Boot

なんで、USB Floppyが二つなんだ?

ちょっと頭をよぎったのは、「これってウィルス?」
あとで、ウィルス検索しよう。

弱気になりながら、Bootの設定を以下に変更し、再度挑戦。
USB Floppy
USB Floppy
CD-ROM Device
Network Boot

Operating System not found... orz.
こうなったら、手詰まりなのでBIOSの設定を初期化してみる。

治った。
うわ、BIOS書きかえられた?
Windowsでウィルス、スパイウェア検索します。
[PR]
by smeg_head | 2005-07-18 16:31 | smeg!

ミュージシャン岡村靖幸容疑者を逮捕 覚せい剤使用で

あれま。
[PR]
by smeg_head | 2005-07-17 19:47 | smeg!
s2jsfで作成したアプリを携帯から見たときに動的に出力している
マルチバイト文字列が化けてしまいました。
ブラウザのソースで確認したところ動的に出力している文字列
はUNICODEの文字参照で出力されていました。
ブラウザはUNICODEの文字参照を解釈してくれますが、携帯は
文字参照もShift_JISとして解釈してしまうみたいです。
パソコンのブラウザで見ると「テスト(&#12486;&#12473;&#12488;)」は見えるけど
「荥荘荧(&#33637;&#33624;&#33639;)」は文字化けする。
携帯だと逆になる。
経緯とかは知らないけど、携帯の仕様がまずいんだろうな。
今さら動作が変わるとも思えいないし。

s2jsfは、内部でmyfacesを使用していて、myfacesが文字参照に変換していま
した。
seasar-mlで質問して教えてもらいました。
結果、myfacesのソースを修正して解消しました。
修正メソッドは以下。
>  org.apache.myfaces.renderkit.html.util.UnicodeEncoder#encode()
>  org.apache.myfaces.renderkit.html.util.HTMLEncoder#encode()
修正行2行なので、問題ないでしょう。
[PR]
by smeg_head | 2005-07-17 17:48 | s2jsf

jpop

今日、Mr.Childrenの四次元とDefTechのDefTechを買った。
なんか、ミーハーjpopリスナーみたいな選択だな(w
Mr.Childrenはテレビでランニングハイを見てカラオケで歌いたいなと。
DefTechは、よく知らなかったんだけど、良いらしいということで。
で、聞いてみての感想。
DefTechは、いいです。この夏はたくさん聞きたい。
昔から、思ってたんだけど、レゲエって歌のリズムがレゲエと思う。
その点、DefTechはレゲエですね。
[PR]
by smeg_head | 2005-07-16 15:37 | music

電車がない

# 早くも更新が滞ってきた。
最近仕事で、別の会社での作業をしてます。
今は、本社に戻ってきてメールチェックやらをしてたんだけど、気付くと
電車がない時間になってた。一杯呑んでタクシーで帰るか。
[PR]
by smeg_head | 2005-07-15 00:02 | smeg!
kaoriya版のvimを使ってますが、最近、いろいろな設定ファイルなどの
文字コードがutf-8であることが多いです。
vimで開いたときに、文字コードの自動認識をしないため、文字化けしたら
:e++enc=utf-8をしてました。
:set fencs してみたら、ucs-bomだけしか表示されていなかった?
設定されてないじゃんと思って、調べたら、iconv.dllが入ってないだけでした。
vim6.3にアップデートしたときに、vim6.3をインストールしたディレクトリ
にiconv.dllを入れ忘れてただけでした。
これで、.vimrcで指定してる

if has('iconv')
set fileencodings=iso-2022-jp,utf-8,utf-16,ucs-2-internal,ucs-2
・・・

が有効になって、set fencsの結果は、

fileencodings=iso-2022-jp,utf-8,utf-16,ucs-2-internal,ucs-2,euc-jp,japan,shift-jis

になりました。文字コードがutf-8のファイルも自動認識するようになりました。
[PR]
by smeg_head | 2005-07-08 14:58 | editor